MENU

私の車を少しでも高く売却するためにしていた工夫

私は31歳の会社員です。
私の家には2009年式のトヨタ ヴォクシーの黒色で走行距離は38000キロの車があります。
まだまだ現役で乗れる車なのですが最近発売されたアルファードが気になり乗り換えることにしたのでヴォクシーを手放すことになりました。
私の車はフルノーマルで新車からほぼ手を加えていません。
その理由は下手に手を加えると売却時にマイナス査定になると困るからです。
昔、オンダッシュのナビを固定するためにダッシュボードにビス穴をあけてしまい売却の際に大きく減額されたことがあることから車を傷つけるような手の加え方はしないようにしていました。
次に私はタバコを吸うのですが車内では絶対に吸わずすいたいときは車を止めて喫煙スペースで吸うようにしていました。
これは中古車というものは一度人が使用した車を再び人が乗るものなので前の人の痕跡でもあるニオイはマイナス査定です。
そして外装ですがフロントバンパーの右側をうっかりこすってしまいついた傷ととリアバンパーの中央を軽くへこませてしまっていました。
これも査定の時に足元を取られて減額されてしまうのも悔しいので今回、買取店に査定に出す前に知り合いのボディーショップで前後バンパーをできるだけ安く補修してもらいました。
補修には約5万円かかりましたがこれで少しでも高く売れるのならばこれは投資になると自分に言い聞かせて買取店に査定してもらうことにしました。
車の売却は休みの日に3件の買取店に査定予約を申し込み、一日かけて買取店巡りをしました。廻ったところはどなたも聞いたことがあるはずの大手買取店3社です。
まず最初に査定してもらったA社は室内もきれいだし外観も全く問題ないしさらに距離も短いと大絶賛でした。きれいに乗ってきたことと査定前に補修したことが吉と出たようでホッとしました。
ここでの買取価格は120万円となかなかの高額だったので出だし好調でした。次に査定してもらったB社でも私のヴォクシーの評価は上々でここでも同じく120万円という金額が出ました。
このあたりがこの車の買取り相場なのかと思い納得しかけましたがまだ最後の3件目のお店の査定がまだなのでその査定を受けてから判断してみることにしました。
するとこのお店は123万円という3件で最も高い金額を出してくれました。ここはあえて悩んでみると「即決してくれるなら125万円でOKです。

2万円のアップをしてくれたので即決でこのお店に決めることにしました。
査定前に少々お金を費やしましたがA社、B社の120万円と比べれば5万円も高い金額だったので大満足です。

 

 

 

 

このページの先頭へ