MENU

車売却時に必要な書類や手続きについて

車の売却を考え、売却が決定しても車だけでは売却できません。
オーナーさん自ら書類を取得したりと準備があります。
ここでは売却時に必要な書類や用意する物。
または車を売却時までにやっておかなくてはならないことをまとめてあります。
ご用意する書類は以下です。普通自動車と軽自動車では用意する書類が違います。

 

普通自動車の場合

o 自動車検査証(氏名、現住所は必須)
o 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のものが1通です)
o 自賠責保険証明書
o 自動車納税証明書(有効期限にご注意)
o 実印
o 振込口座情報
リサイクル券(預託済みの場合)
自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下も必要になります。
住民票 住所変更があった場合に必要です
戸籍の附票または住民票の除票 住所変更を複数回経た場合
戸籍謄本 結婚などによって姓が変わっている場合には必要です。

 

軽自動車の場合

o 自動車検査証(氏名、現住所が必須です)
o 自賠責保険証明書
o 軽自動車納税証明書(有効期限をご確認のこと)
o 印鑑(認印可)
o 振込口座情報
o リサイクル券(預託済みの場合)
o 自動車検査証記入申請書
なるべく用意した方が良いものとしては整備手帳、取り扱い説明書、スペアキー、取り外した純正品などがあります。

 

 

売却に必要な書類の解説

自動車検査証

車検証は車の証明書のようにとても大事な書類です。
むしろ車検証が無ければ原則売却が出来ないと言っても過言ではありません。
自動車に常備しておかなくては行けない書類ですが、万が一手元に無いようであれば運輸局で再発行してもらいましょう。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法に基づき所有者にも自動車の廃棄時に費用の負担をしなくてはなりません。
その費用の負担を証明した物がリサイクル券です。一般的には車検証の中に保管されているケースが多いですが確認しておきましょう。
万が一見当たらない場合は「自動車リサイクルシステム」というホームページがあります。
そこでリサイクル券の代替となる書類をダウンロードできますが、インターネット環境のない方や分からないかたは早めにディーラーや売却担当者に連絡をし相談しましょう。

 

自賠責保険証

強制加入の自賠責保険の証明書です。自賠責保険が切れている場合は自動車の売却ができません。
万が一切れている場合は再加入またはディーラーや売却担当者に相談すると良いでしょう。

 

実印&印鑑証明書

車の売却時には実印が必要となります。実印は市区役所にて登録が可能ですので作成しておきましょう。
登録した印鑑を証明するのが印鑑証明書です。
こちらも市区役所の窓口での取り寄せが有料でできます。
役所によっては自動発行機もあるのでスピーディーに取り寄せが出来ます。
基本3ヶ月の有効期間なので売却が決定してから取得すると安心です。

 

委任状&譲渡証明書

上記書類は売却したお店で用意されるのでオーナー自身が作成や取得の必要は原則ありません。
委任状はオーナーに代わり売却後の自動車に関する名義変更を代行で行う際に必要となる書類です。
譲渡証明書は名前の通り自動車を譲渡する証明を表した書類です。

 

住民票

車検証の住所と相違がある場合は必要となるケースがあるので確認しておきましょう。
住民票は市区役所で発行してもらいます。

 

自動車税納税証明書

毎年自動車を所有している方が支払わなくてはならない自動車税。税を納めた場合の証明となるのがこの自動車税納税証明書です。
売却時に必要な書類ですが、車検を受ける際にも必要な書類でもあります。
インターネットでも支払うことが可能なので証明書のタイプはそれぞれです。中には非常に小さい紙の場合もあるのでしっかしと確認しておきましょう。
紛失した可能性がある場合は普通車はお住まいの都道府県の都税・県税事務所へ軽自動車は市・区役所にて発行してもらいます。

 

 

以上が自動車売却時に必要となる書類の一覧です。
基本的にはこの書類があれば売却が可能となります。
今一度確認しておきましょう。
また、車の売却時に書類と共に確認しておきたいのが車内の残留物。
トランクやサイドポケット。グローブボックス内の荷物はもちろん、オーディオのなかのCDやETCカードなど忘れ物の有無も同時に確認しておきましょう。
売却時には車と上記書類と自動車のカギのみ揃えておくことが迅速な売却につながります。

 

 

 

 

 

 

車売却の手続きについて

手続き代行サービス

クルマを売却する際には、お車の持ち主を変えますので、移転登録(クルマの名義変更)をする必要があります。
これはクルマを購入した場合も同様に行います。実際の手続きにおいては、業者が手続きが代行いたします。

 

代車無料サービス

クルマの売却は1日でも早いほうが有利です。好条件で買い取ってもらえます。
しかし、次のクルマが納車されるまでの間「クルマが無いと困る」というかたのためには、代車を無料で一定期間貸している、便利な代行サービスを行う業者さんもいます。

 

ローン残債サービス

ローンが残っている場合には、ローンの残債手続きサービスなども行っている代行サービスもありますので、
ローン残債額より、買い取り額が多い場合などには、買い取り金額からローン残債を差し引いた金額を得ることができます。
売却する時に損をしないために、半額で買い取られてしまう場合(100万円で売れる車を50万円で)もあるので気を付けましょう。
必須:自分の車の査定相場を知っておきましょう。複数の買取店で査定をしましょう。複数の業者に当たってみて、競争させる、というのは良い手です。
一般の買い取り相場も知っておきましょう。ネット上には一括申し込みサイトがいくつもあり、無料で査定してくれます。
しかし、ネットでは車のデータしかわからないので、ネットの査定額とズレがある場合もあります。
また、無料で出張査定に来てくれるので、複数の業者さんを1度にお呼びする、という手もあります。

 

 

 

 

このページの先頭へ