MENU

年式や距離は売却額に影響する?

査定に走行距離は影響する?

査定に、走行距離は、確かに影響します。
しかし、逆に走行距離が中途半端な車よりも、走行距離が多い方が、そのぶん修理で治してる部品が多い(特に水まわりなど)と判断されるケースが多いです。
なので、一概に走行距離だけで査定額に変動はないです。

 

流石に、走行距離5キロと10万キロを比較するとそれは極端になるのであれですが、例えば8万キロと11万キロを比較すると
車によっては11万キロの方が金額が高かったりします。
それは、車の状態もあるからです。

 

当然、事故歴など色々なケースも査定には響いてきます。
そんな中、一番よく見るのはエンジンや水まわりです。

 

綺麗に乗って綺麗に車検時や車検時以外でも手入れをして部品をまめに交換してる方は、状態が良いと判断され査定額が高いのです。
なので、走行距離だけで査定は判断できないわけです。

 

 

距離が少なければ少ないほどいい?

距離が少なければ車が良いのかと言われるとそれは真っ赤な嘘です。
距離が少なくても、手入れ(水まわりの漏れやエンジンオイルのマメな交換)を怠ってると当然車は、数万キロでガタがきます。

 

これは、どの車でも言えることです。特に一番わかりやすいのがエンジンオイルと水まわりとクランクセンサーです。

 

ここに関しては、メカニックなら一目でわかる部分であり逆に客として車を買う時も一番ここを見るといっても過言ではないほど大事な部分です。

 

マメに手入れをされてる方は、まずここは素晴らしく状態が良いわけです。エンジンオイルも年に一回、水まわりも全く無防備で見てない方は、まずここが原因で買取金額が下がります。

 

距離が少ない=車の状態が良いとはならないってことです。

 

距離が少ない+車のマメなメンテナンス ←これが一番大事です。

 

どちらかが良くてもどちらがか抜けてれば必ず査定に響きますし両方問題なければ査定額が非常に高いってことです。

 

 

年式と距離とのバランスは?

当然、年式が古くなれば距離が出てくるものです。

 

しかし、今は、メーター改ざんしてる悪徳業者も居るくらい距離は信用できません。

 

例えば、2003年式の車でしたら、普通に距離で10万km以上位いってないとおかしいくらいの車です。

 

しかし、これが逆に7万kmや6万キロならメーター改ざんやほとんどメンテナンスしてないと判断されることが多いんです。

 

理由は、車は基本どの部品も消耗品です。
なので、そんだけ長い間7万キロや6万キロしか走ってないってことは同然どこか消耗部品が壊れててもおかしくないわけです。

 

そもそも、O2センサー(排気ガスをセンサーで感知する部分)などが壊れるとエンジンはかからなくなりこれは急にきます。

 

そもそも、これは、エンジンチェックランプはつかないので一番怖い現象です。

 

こういったことは、どこの業者も知ってることなので、あえて年式相応で距離とバランスが良い非常にメンテナンスされてる車を査定額にした時に良い金額にしてくれたりします。

 

なので、年式と距離のバランスは非常に大事でそれ相応乗ってる車の方が総合的に良いってことです。

このページの先頭へ