MENU

車売却時の自動車税について

車を所有していると毎年4月には自動車税を修めなさいとする通知がきます。
その通知通りにお金を払っておくわけではありますが、払った後に売却したとかとなると払った分というのは
変改されないのだろうか?と思ったりしませんか? 5月とか6月に売ってしまったりすると、なんだかもったいないなという感じがしますよね?
では、実際に売った後に払った自動車税というのは返還してもらえるのでしょうか?

 

自動車税は月割りで還付されるのは

車を売った時に自動車税というのは還付されます。
ただし、完全に還付されるというわけではなく、月割りで還付されるというような形です。
例えば6月に売却したというような時には、7月分から翌年の3月までの自動車税が還付される形となります。
売るのであれば月の終わり付近に売った方が自動車税の返還という面を考えるとお得です。

 

還付する際の方法について

還付する方法に関しては、色々な方法があります。
還付するのには運輸局で行うわけですが、基本的に自分でそういったことをそういったなことがありません。
基本的にあらかじめ還付される金額に関して査定額の中に入れておくように業者は執り行います。
そういった業者と売買をするようなことであれば、還付手続きをしなくてもいいので楽はできます。
自分でやる場合といえば、基本的に車を廃車するときで、運輸支局などに廃車の手続きを行ってしまえば自動的に還付手続きも終了します。
ただし、中にはお客さんの無知を利用して、還付金返還を放棄させてお金を取っていってしまうような悪い業者もいますので、
契約時には十分な注意が必要となります。
その他にも、廃車をするときに廃車費用として還付税で返還されるお金を解体業者の方が解体費用に含めてしまうケースもありますので
そのあたりも十分な注意が必要です。

 

軽自動車税は還付されないことに注意

軽自動車税は自動車税と違って還付されることはありません。
軽自動車s税というのは自動車税に比べると安いものですから、還付される金額と手間を考えて返還がされないように制度設計されています。
ですので、税金がもったいないと感じた時には、軽自動車税の通知が来る前の時期に売却をして引き渡しをしておきましょう。

 

自動車税は基本的に見積額の中に入っていたり、その他の費用で消えてしまったりするものなので、普通の売買をするときにはまず気にするようなことはないものです。
ですが、たまに悪い業者もいますので、そのあたりについては十分に注意しましょう。

このページの先頭へ