MENU

高く売れる車と安い車の特徴について

車が高く売れる車と安い車には違いがあります。もし自分がすでに安い車に乗っていても、もしかしたらこれを読めば高くなるかもしれません。
また高く売れる車の人はさらに高額で売れるかもしれないそんな特徴やコツをご紹介します。

 

高く売れる車の特徴

人気モデル

これは当たり前ですが、車も需要(人気)がある車は当然高値で取引されます。人気モデルでもグレードの違い例えばハイブリッドか否か。4WDか2WDか。
ハイオク車かレギュラー車なのか。排気量の違いによっても売却額に大きく違いが出ます。

 

人気のカラー

車はカラーによっても値段の違いが顕著です。例えば人気と無難は紙一重でブラックやホワイトのようなカラーは一般的に人気のカラーといわれています。
これは日本における自動車全体の割合でも、大きく分類するとこの2色がほとんど。もちろんシルバーやグレーなども比較的人気のカラーになります。

 

修復暦が無い

修復暦の有無も重要。やはり事故などにより損傷を受けた車より、修復のない車は高く売れる要素です。

 

走行距離&年式

車の走行距離や年式は言わば車の鮮度。年式が比較的新しく、走行距離の少ない車は一般的には高く売れる要素、しかし年式においては古い車でも人気の車は高い査定がつく車両もあります。

 

禁煙車

これは結構重要なポイント。喫煙車は知らず知らずに車内のヤニ汚れや、灰による車内の汚れや焼け跡などマイナス要素が多いです。対して禁煙車は高く売れる傾向にあります。

 

メーカーオプションやディーラーオプションの装備

車は購入の際、好みや仕様にあわせて様々なパーツを着用することができます。なかでも購入時のみ選択・装着できないパーツ(例:サンルーフや内装カラーなど)
を装備していて、かつ人気のオプションがある場合は高ポイントの要素です。

 

重要のあるシーズン

車を売るシーズンも影響があります。冬場には4WDや寒冷地仕様など、暖かい時期はオープンカーやレジャー車など、販売店も車を少しでも早く買ってもらいたいので、売却する時期によっても変動します。

 

ディーラー車

これは国産車であれば、ディーラーでの整備や車検などをメーカーにすべて依頼していた履歴(記録簿)を保有しておくこと。外国車であれば並行輸入車ではなく国内の正規販売店より購入したか否かなどによっても大幅な違いがあります。

 

 

安く売れる車の特徴

安く売れる特徴は前述の①~⑧の反対の車はもちろんですが、以下のケースによっては人気でも安くなる場合があります。

洗車のされていない汚れた車

車は見た目の印象によっても左右されます。いくら人気のモデルでも洗車もしていたい汚れ放題の車では安く評価されてしまうので注意しましょう。

 

改造車

改造された車は、一般的には敬遠されるケースが多いです。
特に取り外しが容易ではない改造や車検証構造変更後などノーマルに戻せない改造は大幅なマイナスです。

 

ペットを乗せていた車

臭いというのは喫煙車同様ですが、ペットの臭いは自分では気づきにくいですが、他人にとっては不快な臭いでもあります。
とくに車に染み込んでしまった臭いや染み。
動物がかじってしまった場所などがある場合は評価が低くなります。

このページの先頭へ