MENU

売却時の任意保険の取り扱いについて

車には強制保険と任意保険がありますが、ほとんどの方は任意保険も加入していると思われます。
そんな任意保険でありますが、車を売るときにどうすればいいのかということはあまり考えている方や知っている方は少ないような気がします。
では、任意保険は車を売るときにはどうしておくのが適切なのでしょうか?

 

任意保険は次の車を買うかどうかで変化する

 車を手放す際には、保険会社に連絡を必ずすることが必要となりますが、任意保険についてどのようにするかというのは、状況によって変化します。
大きく分けて3パターンの処理方法がありますが、その処理方法については以下の通りです。

 

車を乗り換える場合

車を乗り換える場合に関しては、次の車に任意保険をそのまま継続させることが可能です。
この場合は、、「車両情報」を変えるだけで良く、新しい車検証を保険会社に送付すれば簡単に完了します。
納車や車検証の発行タイミングで行えばよく、場合によってはディーラーの方が代わりに行ってくれることもあります。

 

車を他人に譲渡するケース

また、持っている車を家族や他人譲渡するようなケースで、自分は運転を一切しない場合です。
そういったときには、保険会社には「名義変更」をするという手段をとることが可能です。
この時に、親が子供に車を譲るような場合には、親の名義のままで保険の適用を子供の年齢にも適用できるようにしておくといいでしょう。
その方が保険料は安く済みますから、お得になるからです。

 

車を完全に手放す場合

今持っている車を完全に手放しはしますが、新しい車を購入したりしないケースです。
この場合には「中断証明書」を保険会社に発行してもらうか、完全に保険をやめてしまうようなことをしましょう。
車を完全に購入しないときは後者になりますが、前者の場合は新しい車をいずれかう場合に行うといい手続きです。

 

中断の場合には、一時的に保険料を払わないというだけで解約というわけではありません。
このようにしておくことによって、再び保険に加入するときに投球を引き継げるメリットがありますので、また車を持つときには保険は解約しないで
中断という手段を取っておくといいでしょう。
中断証明書には①中断証明取得依頼書②廃車証明書もしくは譲渡証明書③保険証券の写しが必要となります。

 

任意保険の扱いは、場合によって異なりますので、間違えないようにしっかりと手順を覚えておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ