MENU

車売却時にはリサイクル料金は戻ってくる?

車というのはいつか廃車になってしまうものです。
車を廃車にする際には、色々な部品が出てくるわけではありますが、中にはリサイクルができるものもあります。

 

そんなリサイクル製品について適正に有用資源をリサイクルするために、自動車リサイクル法というものが2005年に施工されたわけですが、リサイクル料金というのを車のオーナーは支払わなければならないことになっています。

 

この料金は、新車の購入時かもしくは初めての車検の時に支払っているものですが、車を売却した際にはこのリサイクル料金というのは戻ってくるのでしょうか?
リサイクルをしていないのに、返ってこないことはありうるのでしょうか?

 

リサイクル料金は戻ってくる!

結論から言いますとリサイクル料金は車の売却時には返却されます。
車を売却するだけで廃車をしていませんので、リサイクルをしないわけですからその分はかえってくるというわけです。
リサイクル料金については、次のオーナーから預託金相当額として受け取ることになり、買取店などで買い取ってもらったときには
車の査定の中にリサイクル料金が含まれていたりします。

 

リサイクル料金を返金してもらうにはどうするの?

先述した通り、買取業者でクルマを売却したときには、リサイクル料金については車の査定額に含まれる場合もあります。
そいでないときには、査定とは別にもらえる場合もあります。
どちらの方法を選ぶかというのは、お店と売主とのやり取りによって決まる部分が多いです。
この時にリサイクル料金のことについて確認するようにしないと、業者によってはリサイクル料金を返金しないこともあるので注意が必要です。
ちょっとでもお金を得たいときには、しっかりと話をしましょう 。

 

また、リサイクル料金というのは自動車リサイクル券と引き換えによって返金手続きが行われます。
リサイクル県は、購入時などに配布されるはずですが、紛失するようなこともあると思われます。
そのようなことがあった時には、「自動車リサイクルシステム」のホームページから、リサイクル券の証明書を発行することができますので、
忘れずに発行してもらいましょう。
発見する際には車検証がいりますので、しっかり用意をしておいてください。

 

リサイクル料金というは車の売却の時にはちゃんと返ってくる権利です。
忘れないように必ずお店の方に確認して、しっかりと返却してもらうようにしましょう。

このページの先頭へ