MENU

車売却必勝法!下取り買取りどちらが得?気になる交渉術は?

査定に出す前のしておいた方がいい準備とは?

自動車の売却を考えた場合、買取りや下取りなど今現在の車を査定に出すことが多いでしょう。
自動車の査定前準備には査定をスムーズに「進める」ために準備をしておく事と、査定額を少しでも「高く」する為にすることの2つが基本です。
まずは査定をスムーズに進める為にする準備は以下の様な事です。

 

売却に備えて書類を確認しておく

まずは車を売るときには自動車だけでなく多種多様な書類が必要となります。
基本的な書類は自動車検査証・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書の3点セットを確認します。
自動車検査証はもちろん車検証のことです。
車のデータや所有者・使用者などその車に関する重要なデータが記載されており、査定時にもチェックされる書類なので用意しておきます。
自動車納税証明書は自動車税の支払いをした証明をするものであり、車の車検や売却時に必要なので、車検証と一緒に保管しておきましょう。
なお、自動車納税証明書の用紙は支払い方法によっても異なるので、書類を間違えないよう気をつけましょう。
※軽自動車は軽自動車税納税証明書になります。また購入した時期によっては発行されていない場合もあります。
自賠責保険証明書は自動車を乗る際には強制加入の保険を加入しているかどうか証明する物です。
この書類も査定時に必要になるので、確認しておきます。万が一見当たらない場合は保険会社に連絡をして再発行してもらいます。
とりあえず、この3点セットが査定時に必要になるので、査定前までに準備をしておかないと当日査定不可なんて事がないようにしましょう。
実際に査定が終わり、売却を決めた後にはこの3点セットの他にも、リサイクル券や実印・印鑑証明書・住民票などが必要となる場合があるので、頭に入れておきましょう。

 

ローンで車を購入した場合は支払い状況を確認する

次の準備はローンで車を購入した人には確実にチェックをしておかなくてはならない事があります。
基本的にローン中の場合は、車の売却はできません。
その為、査定時にローン中と言った場合は買取り前に一括清算をしてくれと言われる可能性があるでしょう。
ごく希に、オートローン会社や信販会社に連絡をすれば売却した価格で一括清算に対応する会社もありますが、一般的には売却額の保証はできないので難しいです。
なぜローン中で車の売却が出来ないのかは、車検証の所有者欄にあります。
ローン中の場合はほとんどそれらのローン会社が所有している状態になっています。その為、ローンの支払いをしている人はただの使用者であり、所有者の許可なく車を売却することはできないと言うわけです。
その状態を黙ったまま売却した場合は横領罪や詐欺罪になるケースもあります。
車を売ることに気を取られてしまい、ローンの残高に気づかない事も良くあります。
しっかりとローン完済をしてから査定を依頼しましょう。
※ローン終了後所有者の名義変更は売却先の業者が代行でやる事が多いのでそのままでも大丈夫です。

 

以上が査定時にスムーズに進める為の準備でした。

 

 

次は査定額を少しでも高くする為の準備をご紹介

 

車内の荷物はできるだけ取り除いておく

査定時はエンジン・車内・トランクと隅々をチェックします。
その為、助手席や後部座席、特にトランクなどに大きな荷物を置いたまま査定には出さない方が良いでしょう。
査定士がスムーズに車をチェック出来るようマナーも大切です。
特に荷物で査定額に大きな影響をもたらす事はありませんが人気車種であり業者がすぐに買取りたい車の場合、荷物が何もないとその分オーナーの売る気具合が分かるので、査定額に上乗せする事もあります。

 

車の状態を元に戻したり、綺麗にしておく

査定をする前に自身の車の状態を確認しておきましょう。
車内や車外に後付けのパーツなどが付いていませんか?
特に社外メーカーの改造パーツは査定時にマイナス評価になることも多いので、可能な限りノーマル状態に戻しておくことが重要です。
また、基本的でもありますが洗車もしないよりは、しておいた方が良いのも事実です。
視覚効果に過ぎないですが、やはり見た目に綺麗であればその分印象は良くなります。
ひどく汚れた状態で、車を大事に乗っていると言っても説得力がでません。

 

 

下取りと買取はどちらがいい?

車を売却する方法のほとんどが下取りか買取りとなります。
どちらもメリットがあります。下取りは「簡単・早い」というメリットがあり、買取りは「売却額が高い」がメリットです。
売却する意味では双方一緒ですが、引き取った車の処理方法やシステムが異なるため、それぞれの特徴が違ってきます。
まず下取りの場合、車を購入する店舗で車の査定と売却ができ書類手続きも使い回しができるので売却・購入がいっぺんで済むのは有難いでしょう。
しかし、下取りの多くは下取り費用や下取り車の陸送費用。書類手続きの代行費用など様々な手数料分が査定額から引かれます。
さらに、下取りの場合は年式や走行距離など単純な評価で価格が決まり車の装備品やカラーなどはプラス評価に繋がりにくいのも下取りの問題点です。
本来はもっと高値で売れる車を、結果的に安く売ってしまうことと同じ状態になるのがデメリットです。

 

対して買取りの場合のメリットは売却額が高い傾向にあります。
先の下取りのシステムと異なり、様々な手数料はほとんどありません。
また、業者が中古車店を経営していれば、買取った車を直ぐに中古車店にて販売することができるので、人気の「売れる」要素を持った車は特に買取り価格が高額になります。
売れる要素は単純な人気度合いもありますが、カラーや装備品と言った下取りでは無視されていたポイントも、中古車市場では売れ行きに直結するため、それらの高ポイントも買取り価格に上乗せされていくので売却額が高くなる特性があります。
デメリットは業者を自分で探さなくてはならない事と、売却と購入の書類手続きも別々になるので手間と時間が掛かります。
また、事案は少ないですが金銭の絡むことなので、売った後のトラブルなど選んだ業者によってはリスクもあります。
以上の様に「時間・安心」を重視するならば下取りを。「買取り価格」を重視するならば買取りが良いでしょう。
一般的には買取り価格を重視したいユーザーが多いので、買取りの方が人気があります。

 

 

査定の見積もりは何社位必要?

査定の見積りは業者毎に異なります。
例えば100万円の買取り見積りを出す会社もいれば、90万円も。また115万円も提示するなどバラバラです。
その為、買取り価格を重視したいのであれば、複数社の見積りを請求すると良いです。
しかし、見積り数は多ければ多いほど業者対応など手間も掛かります。
その為、見積り時点では最大で5社。実際の査定時には最大で3社ほどに絞ると良いでしょう。

 

査定の金額交渉のやり方は?

金額交渉で重要なのは自身も車の相場を知る事が重要です。
例えば100万円が買取り査定の相場である車を、200万円で買取って欲しいと頼んでも100%不可能です。
まずは、自分の車の相場が100万円の価値だと認識する事が必要です。
その為には、インターネットなどの同車種同グレードのユーザーの体験談を調べたりするのも有効です。
そもそも相場を知らないと、業者が提示してくる価格が低いか妥当か判断が付かなくなり、損をする可能性がでてきます。

 

そして、査定の時には自分から値段を言うのは極力控えることが重要です。
万が一交渉が平行線になり、どうしても値段の提示を求められた場合は、相場の100万円から少し上の価格を必ず提示しましょう。

 

もちろん、相場より上の金額を提示された場合、業者もそう簡単に首を縦には振りません。
その後には、他の買取り業者に依頼していることや、車のアピールポイントを伝えましょう。

 

時には豪快さも有効です。
自分の値段で買取ってくれれば、引取りを1週間と短期にする事や、これから次の業者の査定が控えているのであればその場から電話で断る約束を条件に出すのも効果があります。

このページの先頭へ