MENU

車を売却した時は確定申告は必要か?

車を売却するときにはいかに高額で売れるかがまずは気になりますが、車の売却に関して知っておきたいいくつかの法律があり、知らなかったりあるいは手続きを怠っていると損をすることもでてきます。

 

とりあえず知っておきたいのは「車売却に確定申告は必要か?」とか、「車両の譲渡と確定申告の関係は?」とか、「確定申告における車の譲渡の扱いとは?」などです。

 

車売却に確定申告は必要か?
との疑問ですが、高額な車を売却した時には課税の対象になりますから確定申告が必要な場合もでてきます。

 

確定申告が必要になるケースでは「業務用」あるいは「レジャー用」として所有していた車です。
確定申告をする多くは自営業者が1年間の収入を申告ですが、会社員では高額な医療費がかかったときなどに確定申告をすると税金が戻ってきます。
高額な車を売るとそれに対して税金がかかってきますが、確定定申告をしなくても罰則はありませんしほとんど問題は生じません。

 

車を売却しても通常は購入した価格よりも低い価格でしか売れませんから、ほとんど売却益(=所得)が出ませんから売却して所得税がかかってくることは例外を除いてありません。
ただ、特殊な車で高額なプレミアがついたなどの時は所得税がかかってきますが、50万円の特別控除がありますから、車の売却で所得税がかかってくるのはごくまれでしかありません。

 

次に車両の譲渡と確定申告の関係は?
の疑問ですが、確定申告の際に申告しなければならない譲渡所得の対象となる資産には、土地や借地権、建物や株式など、譲渡所得の対象になるものはたくさんありますが、車の売却にも譲渡所得の対象になるものが一部あり課税されますから、確定申告をする必要が出てきます。
ただし、高額な車の売却でも、通勤用の車など日常の生活に必要なものは譲渡所得はかかってきません。
そもそも車は高額なので100万円を超える売却額も珍しくありませんから、当然譲渡が発生している事も多いです。
そのため、売却額次第では譲渡所得として課税されて確定申告が必要になってきますが、このようなケースはごく稀です。
しかし、車の売却で譲渡所得が発生して税金を納めるようになるということはありますから、一応知っておいてください。
ちなみに譲渡所得がかかってくる金額は、車の売却では50万円までの特別控除が認められていますから、売却益から50万円を控除した金額が、課税対象となる譲渡所得になります。
したがって、車の売却額が購入したときの価格よりも50万円以上も高額で売れた場合でなければ譲渡所得税はかかってきません。

 

ちなみに、車の所有者が亡くなったときには、その車を相続をした人に相続税がかかってきます。
複数の相続人がいる場合は、車の相続手続きは想像以上に複雑で面倒なものがありますが、たとえ一人で相続をした場合でも、故人の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本とか、相続人の記載がある戸籍(除籍)謄本、遺産分割協議書の他、全部で7つの書類が必要になってきます。
また、遺産相続の権利のある人に連絡が取れない場合は遺産相続の手続きが大幅に送れるなど、実に大変なものがあるため相続手続き代行サービスを利用する人も多いです。
名義を変えずに乗るケースもありますが、廃車の時に困るなど手続きを先送りした方がさらに面倒なことになる可能性が大きいですから、早めの手続きをおススメします。

 

また車売却に確定申告は必要か?
に関しての疑問ですが、自営業者は確定申告の時に車の売却益も含めて申告します。

 

給与所得者の場合は、車は日常生活に必要なものとして扱われますから特別な場合を除いては売却をしても所得税として税金がかかってくることはほとんどありませんから、確定申告の必要はありません。

 

このように、ごく一部を除いては、車を売却しても所得税や譲渡での税金がかかってくることはほとんどなく、したがって確定申告の心配もありません。

 

また、確定申告をしなかったからと言って罰則もありません。
しかし、日本の車にかかってくる税金の高さは世界でもトップクラスで、車両代から含めて自動車税や任意保険やガソリン代などのうちの60%が税金と言われるほど高いのが日本の車にかかる税金です。

 

ガソリンは2重課税になっていてそれも問題になっています。
色々問題は会っても車がないと勤めにも行かれず生活できない地域もあるなど、車は税金が高くても日常の生活に欠かせない必需品となっています。

 

そして、車は生活に欠かせない必需品という面と、自分で運転して色々なところに自由に行ける楽しみと、また、ドライブそのものが楽しみなど、レジャーとしての面もあります。
「車は走る個室」とも言われるように、自分一人の空間や一人の時間を楽しむ人も多いです。
仕事にもプライベートにも欠かせない車は楽しみ方も色々です。
工夫してさらにマイカーライフと生活を楽しむことをおススメします。

このページの先頭へ