MENU

新車購入時の税金や諸費用を節約する方法

新車購入時にかかる税金は何があるの?

新車を購入する際には、税金は払う事になります。

 

家を買う時には、固定資産税が必要という話を聞くこともあるでしょう。同じように、新車にも様々な税金は存在する訳です。ちなみに全部で4種類あります。

 

 

自動車税と軽自動車税

1種類目ですが、自動車税というものを払う事になります。

 

それで自動車税には、起算日から1年間払っていくのです。

 

起算日は購入した年の4月1日になり、翌年の3月分までを払っていく事になります。

 

ちなみに一括で払うのではなく、毎月1回ペースで払う事になるのです。年金も毎月1回払いますが、自動車税も同じなのです。

 

ちなみに具体的数字は、状況によって異なります。排気量や車の用途など、様々な要素に左右されるのです。

 

 

自動車取得税と自動車重量税

他にもあります。

 

まず車を取得した時には、誰もが一律で取得税というものを払う事になるのです。

 

それで具体的な金額は、車の購入料金に左右されます。基本的には車の購入価格に対するパーセンテージで算出されるのです。

 

すなわち購入価格と取得税との間には、比例関係があるです。

 

それと重量税もあります。それは車の重さに比例する税金なのです。

 

ですから軽自動車の方が、一般者よりは税額は安くなります。

 

それで重量税は、3年分を一気に支払うのが特徴的です。

 

ですから重量税が12,000円ならば、購入時に3年分の36,000円を払う事になります。

 

 

消費税とエコカー減税

そして多くの方々にとってなじみ深い、消費税です。

 

その税率などは、日常物品とほぼ同じです。

 

ですから税率が高くなれば、消費税も高くなってくるのです。

 

このように様々な税金がある訳ですが、購入した車がエコカーに該当すると、税金は多少安くなります。

 

ですから納税額を抑えたい時は、エコカーで検討をするのも一法です。

 

 

新車購入時の税金以外の諸費用とは?

新車を購入する際には、大きく分けると2つの費用が発生します。

 

まず4種類の税金を払うのです。それにプラスして、様々な諸費用を払う事になるのです。

 

全部で4種類の費用を払う事になります。

 

 

強制加入の自賠責保険

まず車に乗るなら、必ず自賠責に加入しなければなりません。
それは義務なのです。

 

それで自賠責の金額は、車のタイプによって微妙に異なります。

 

普通自動車なら37,000円前後ですが、軽自動車は35,000円台半ばになるのです。

 

ちなみに、どちらも37ヶ月で契約した時の保険金になります。

 

 

登録代行の費用を払う

新車を購入した時には、ナンバープレートを取得しなければなりません。

 

その為にも検査登録という手続きを行う事になるのですが、それには2種類あります。

 

まず依頼に登録手続きを代行してもらう費用です。大体の方々は、こちらの方法で手続きを行っています。

 

費用目安は1万円台半ばから、3万円という範囲内になる事が多いです。お店によって、数字は異なってきます。

 

それと手続きは、実は自力で行う事も可能です。手間は大きくなりますが、3,000円で済ませる事はできます。

 

 

納車費用をディーラーに払う

それと自宅に対して、新車を運んでもらう事になるのです。

 

それをディーラーに行ってもらう訳ですが、基本的には1万円台になります。

 

しかし納車は、自分で行う事も可能です。

 

ディーラーに直接出向いて新車を取りに行った場合は、納車費用をカットする事は可能です。

 

 

リサイクル料金を払う

そして最後の1つが、リサイクル料金です。

 

車を購入した時は、それも必ず支払わなければなりませんが、車のタイプによって数字は異なります。

 

普通自動車で購入した時は、たいてい1万円台になりますが、状況次第で2万円になる事もあります。

 

また軽自動車は最低7,000円になり、最高15,000円前後になるのです。

 

 

新車購入時の諸経費の出費を少なくする方法とは?

新車を購入する際には実に様々な費用が発生しますが、それらの内のいくつかは低く抑える事もできます。

 

基本的には、ディーラーと交渉をする事になるでしょう。

 

 

納車費用をお店と交渉する

例えば、納車費用などはカットする事も可能です。

 

ディーラーと交渉をしてみて、自分でお店に車を取りに行くという話になれば、1万円分の納車費用を節約する事はできます。

 

 

検査登録の代行費用も節約は可能

それと新車購入時は、陸運局で検査登録の手続きを踏まなければなりません。

 

たいていの方々は、それをディーラーに代行してもらっています。

 

逆にディーラーに任せずに、自分で行う事もできます。
言い方としては、「車庫証明は自分でやるので、カットは可能ですか」で良いでしょう。

 

現に、それでカットできる事は多いのです。

 

 

節約目的にお店と交渉をする時のコツ

ですからディーラーと話を付けた上で、費用を節約する事になります。

 

その際にディーラー店によっては、「当店ではルール上難しいです」などと言われてしまう事もあります。

 

しかし、そのような事はありません。言い方1つで、たいていはカット可能なのです。

 

「他のお店ではカット可能と言われましたけど」などの言い方で良いでしょう。

 

ただし交渉をするにしても、ある程度ソフトに表現するのが望ましいです。

 

あまり強い口調で話してしまいますと、交渉に失敗する事もあるので要注意です。

このページの先頭へ