MENU

車売却時にマイナス査定になる要素とは?

車売却では、基本的には査定が行われます。それで査定時には、様々な減点要素があるのです。
一般的には車に対する得点が付けられる事になり、それも複数の基準がある訳です。何かの基準に引っかかった時には、減点される事もあるのです。

 

車の臭いによる減点

では具体的に何によって減点されるかというと、例えば臭いがあるか否かです。
そもそも買取店が引き取った車は、最終的には業者オークションに流されるケースもよくあります。それでオークションには様々な査定基準があって、タバコの臭いなどもその1つなのです。
かなり強いタバコ臭がある車などは、オークション会場ではそれなりに大きく減点される傾向があります。要するに、臭いはマイナスポイントなのです。

 

修理を行った事があるかどうか

他にもあります。車に対して修理が行われていたか否かです。
そもそも買い取られた車によっては、稀にトラブルが生じる事があります。一旦買い取ったのは良いですが、残念ながら車が動かなくなってしまう事も、ごく稀にあるのです。
一般的に修理が行われた車などは、トラブル発生率がやや高い傾向があります。少なくとも何かトラブルが発生したので、修理が行われている筈なのです。
同じ歴史を繰り返す事を、車買取店が心配してしまうので、それもマイナスポイントになります。

 

きちんと車の機能を果たすかどうか

そして何より肝心なのが、車が本来の機能を果たしてくれるか否かです。
そもそも車の一番の重要なポイントは、動くか否かです。さすがに不動車になっていますと、車の一番肝心な機能が損なわれているでしょう。それでは、車売却時にはマイナスになってしまいます。
ですから交通事故を起こして、動かなくなった車などは減点される傾向があるのです。

 

古い車かどうか

これらの要素に加えて、車の年式などもかなり重要なポイントになってきます。
一般的に車買取を行うお店では、使用感を重視する事がとても多いです。使い込まれた車などは、やや使用感がありますから、買取額も下がる傾向があります。
したがって年式がやや古い車などは、マイナスポイントとして評価される傾向があるのです。

 

走行距離も減点要素

また過走行車なども、それなりにマイナスされる傾向があります。上記でも触れた通り、使い込まれた車などは、やはり減点される傾向があるからです。
せいぜい1万キロや2万キロならば減点されない事も多いですが、10万キロ以上となると、大幅に減点される傾向があります。

このページの先頭へ