MENU

車売却で高く売る方法

車売却には、主に3つ選択肢があります。大きく分ければ下取りもしくは車買取という2つの選択肢になるのですが、後者の買取という手段は、更に2つに大別されるのです。
単独買取もしくは一括査定という2択になります。
これら3つの手段の中で一番高く売れる見込みが大きいのは、一括査定という手段になるのです。

 

車売却で高く売れる一括査定

簡単車査定ガイド

このサイトは、ご自分のお持ちの車を入力1分ほどで相場が分かるサイトになってます。

メーカー車種 年式 走行距離などを入力してあとはお名前とメールアドレスを入れると他者からの相場などがわかりより買取をお願いしやすくなるサイトです。

 

他社の査定額がわかりやすく表示されますので「一番ここが高い」と思うところがあればそこでお願いすれば良いのです。一々、お店に足を運ぶ必要がないので非常に便利です。

 

 

 

 

 

ズバット買取

非常に画面が見やすくご自身の車の車種など入力しやすいのが特徴です。

そして、入力後非常に簡単に画面上に他者の車の買取相場が出ます。
かなり隅々まで見れます。なので、他では、いくらだろ?なんて疑問をここに入力するだけで全て解消されます。
一番きになるのは他社との買取価格競争だと思います。わかりやすいのは非常に便利です。
年齢層問わず利用できます。

 

 

 

 

 

カーセンサー.net

車の売るならここからと言わんまばりの有名な老舗的サイトです。

ここの特徴は、とにかく買い取る会社が多い所です。
登録してる買取会社が非常に多いのでそれだけマニアックな車まで買取査定できる所です。
メジャーな車ならどこでも大体同じですが、少しマニアック車を買い取るとなると会社が相当減ります。
そんな中ここは、老舗感がすごいです。
最低でも5社はでます。
マニアックな車はなかなか買取査定が難しいのでその中でこの数字は多いと思います。かなりオススメです。

 

 

 

 

 

 

車の売却で高く売る方法の総まとめ!

車の売却前に査定に出す前の準備とは?

車の売却を考えた場合、事前の準備が売却をよりスムーズにします。自動車を売却する際には自動車だけあれば良いというわけではありません。
査定時や売却時に必ず必要書類の提示や提出が必要となりので事前準備をしておくと良いでしょう。
書類には以下のようなものがあります。

 

・自動車検査証

車検証はしっかり用意されていますか。
車検証は常時車内に携帯しておかなくてはならない書類です。
査定時にも所有者欄の確認や、年式・型式など査定に必要な情報が記載されているので重要な書類です。

 

・自動車納税証明書

自動車を所有している人であれば支払わなくてはならない自動車納税証明書も必要です。
この書類は小さな紙のものからプリンターで印刷したものまで種類も多いため、今一度確認をしておきましょう。
毎年4月1日時点で車を所有している方に掛かる税金です。普通車の場合は月割り計算がありますが、軽自動車の場合は月割り計算がないため、所有期間が1年未満の場合で時期によっては書類がない場合もあります。

 

・リサイクル券

自動車の廃棄の際、所有者にも費用負担をしなくてはなりません。その支払いの証明をするものがリサイクル券です。
車検証などに入っている場合が多いですが確認しておきましょう。

 

・実印

車を売却する際だけでなく、購入する場合にも必要となります。
実印は居住している市区町村で登録できるので、実印がなければ登録しておきましょう。

 

・印鑑証明書

実印を証明するものが印鑑証明書です。
この書類も必要になる場合があるので準備しておきましょう。

 

・住民票

自動車売却時には住民票も必要となります。万が一車検証と住所が違う場合は住民票の附票を提出しましょう。
以上のような書類が売却時には必要となるので、査定日または売却時までにしっかりと用意しておきましょう。

 

 

また書類とは別に、以下のような行動も重要な準備となります。

・車のコンディションを良く保つ

査定時の為に洗車しただけでは、査定時のプラスは見込めません。
車を高く売却したい場合は外装だけでなく日常のメンテナンスも重要なポイントになります。
その為にディーラーや自動車整備工場でのしっかりとした整備はもちろん、その整備をした証明になる点検記録簿への記載と保管をしなくてはなりません。
査定時にはエンジンの内部も見られます。外装だけキレイにしていても、目に見えない部分が疎かであると日常の使用状態がバレてしまい高評価には繋がりにくくなります。

 

・車の需要を把握する

自動車を売却する場合、自動車業界の需要も把握しなくてはなりません。
例えば、車は新生活が始まる前の3月頃末には非常に多くの車が中古車市場に流れます。
その為3月末に買取りをしても在庫が多く売れないリスクを想定し査定額に影響してくる場合があります。
買取り業者が得意とする車両を売却することも重要です。
例えば、買取り業者の中には中古車店と兼業しているところもあり、そこの中古車店では国産のハイブリッド車をメインに取り扱っているとします。
その業者に燃費の良くない外車を売却した場合どうなると思いますか?やはり査定額に相当影響してきます。
またユーザーが求める自動車のシーズンも重要です。
つまり、雪の降る冬には4WD車両や寒冷地仕様の車がよく売れる、夏にはコンバーチブルがよく売れるなど自動車のタイプによってはベストシーズンというものがあります。
自分の車に特徴的な機能やタイプがある場合は意識しておくと良いでしょう。

 

・車の改造を元に戻す

ユーザーの中にはドレスアップ目的や、走行性能向上のため改造をする場合があります。
しかし、ドレスアップ目的で改造した場合その改造は買取り業者や購入するユーザーに取って好ましくない改造の場合がほとんど、その場合キレイに整備していてもマイナス評価になる場合があります。
また、走行性能向上目的でマフラーやサスペンションなどを変更している場合もあります。この場合も特に静粛性や乗り心地を損なうような場合はマイナス評価になります。
その為、査定日までに可能ならば純正の部品に交換しておくと良いでしょう。

 

 

車の売却は下取りと買取どちらがいいの?

車の売却には下取りと買取りなどがあります。
どちらがどう違うのか分からない方もいるかもしれませんのでご説明します。
下取りとは、今乗っている車を販売店で買取ってもらい、その費用を新車購入資金に充てることを言います。

 

買取りとは自動車買取り専門業者に車を査定してもらい、双方納得した価格で自動車を売却するだけの事を言います。その為、買取りの場合は車の購入を考えていなくても利用できます。
では、下取りと買取りの場合はどちらが良いのかはユーザーの求めるものによって違いがあります。一般的に下取りの場合は「簡単」に手続きを進められるのがメリットです。
なぜなら、車を購入する店舗で売却・購入の双方が完了するので時間のない人にとっては非常に有難いです。
買取りの場合は「高価」で売却できるケースが多いのが買取りのメリットです。

 

買取りは自動車買取り業者が買取りだけをするため、下取りと違い業者には余分な作業が発生しません。その為下取りに必要な経費分を査定額に反映することも可能です。
また、買取り業者は日本全国に非常に多く競合が多いのも査定額に影響をしていきます。なぜなら買取り業者は魅力ある売れる車を求めています。

 

その車が売れれば買取り業者の利益にもなるので、とにかく車両がなければ仕事になりません。
その為、人気のある自動車を査定依頼した場合、競合他社に絶対に取られたくないという観点から、ユーザーが自社に売ってくれるよう値段で勝負をしてくるのも買取りが高値になる要素になります。
基本的には車は高く売りたいと思う考えをもつユーザーが多いと思います。その為売却額のメリットから買取りの方がユーザーにとって魅力的なポイントが多いのではないでしょうか。

 

 

車を売却する時は何社位から査定の見積もりを取った方がいいの?

車の買取りをしてもらう場合、まずは自分の車の概算査定額を調べなくてはなりません。
車は買取り業者によっても求めている車種は違い、買取り業者の在庫状況によっても買取り費用に影響が出てきます。
その為、どこの業者が自分の車を欲しがっているのか知るためにも、できることなら多くの会社から査定の見積もりを取った方がベストです。
いまではインターネットやスマートフォンなど便利な物もある為、ネット上で査定が可能になります。
また、多数の買取り業者から一括で査定できるサイトもあるので、時間を掛けずに見積もりをすることができます。
以上のことから最低でも3社ほどから査定の見積もりを請求し、売却額の比較を行なった後、実際の査定を依頼する業者に連絡をしましょう。

 

 

売却時の査定額の内訳は?

売却時の査定額の内訳にはディーラー下取りと自動車買取り業者によっても異なります。
ディーラー下取りの場合、車体の相場は流通相場表から参照します。
そして相場表の値段から下取り手数料や下取り車の売却までに発生する作業の各種経費を差し引いた価格が売却価格となります。
買取り業者の場合の場合は下取りと違い非常に細かい内訳となります。
まずは買取り業者専用の相場表から自動車の土台となる金額を、そしてその車に装備されているサンルーフやETC。
カーナビやメーカーオプションなどユーザーに人気のある装備をプラス評価していきます。
そして車体のグレードや走行距離。年式・修復歴など、ありとあらゆるデータをプラスとマイナスで評価をしていき、買取り価格が算出されます。

 

 

売却時の高く売れるおすすめの交渉は?

・自分の車の価値を知っておく

交渉の際に、実際の車の価値の何倍もする値段を提示しても100%受け入れられることはありまえん。
その為、自分の車の価値を事前に調べておきます。
これは前述の査定見積もりだけからではなく、インターネットの中古車サイトなどから、自分の車の全く同じ状態(カラーも含む)の車両がいくらで販売されているのか確認します。
その車両価格から平均額を算出し、出された金額から約25万円程差し引いた価格が買取り業者に提示してもおかしくない価格となります。

 

・オークション相場を真に受けない

実際の査定日になり実際に査定人に車を見てもらいます。
そして営業術は業者によっても異なりますが、あなたに予算を訊かれることでしょう。
そして自分なりの希望買取り価格を伝えると、査定人はオートオークションでの相場を伝えてきます。
ちなみにオートオークションとは自動車販売業者など業者のみが参加できるオークションであり下取りに出された車や、買取りで需要の少ない車など、業者が車を売却したり購入したりするオークションです。
この相場は一般人が車を購入する価格と違い、原価のような価格で車の取引ができるため非常に安い価格となります。
しかしいくらオートオークションでの相場価格をユーザーに伝えたところで、その価格や価値を鵜呑みにしないようにしましょう。それはあくまで業者の世界の相場です。
実際にはオートオークションで購入した価格の倍額近く上乗せして販売店に並ぶ事になります。

 

・他社と同時査定させる

これは査定人の方はやりにくく、ユーザーにもしっかりとした判断と対応が求められるのであまりおすすめしませんが、同時査定も時に有効になります。
前述の通り、自動車買取り業者にとって魅力ある車はどうしても買取りをしたくなります。それはどこの業者も同じです。
その為、同時査定をした場合業者間の勝負にもなります。その結果、通常以上に値段交渉はスムーズに進む場合もありユーザーにとっては高額で売却できる可能性もあります。

 

 

査定額が決まり、売却の後に査定額が変わる事はあるの?

よく査定額が決まり、自動車の引き取りが完了した後、実際の振込金額が査定時の価格と違う場合があるのかという疑問が聞かれますが、これはあります。
ケースとしては少ないですが、まれに査定時が夜間や悪天候などで査定人に見落としがあった場合などもあります。しかしこの場合は査定人のミスでもあるのでしっかりと話し合えば査定額通りに変更になる場合もあります。

 

しかしユーザーもやってはいけない過失があった場合は査定額が減額になります。
それはユーザーの「嘘」が発覚した場合です。査定時には無事故と申告し査定をし、後日修復歴が見つかったなどといったケースが代表的です。
また、査定日から引き取りまでに日にちが空き、著しく伸びた走行距離や査定時には無かったキズが増えていた場合も後日減額となる場合があります。

 

下取りが安くなる理由

まず上記でも触れた3つの手段の中で、金額が最も低くなりやすいのは、主に下取りです。その理由として、ディーラー店の知識や取引先などがあります。

そもそもディーラー店は、売却に関するノウハウはあまり多くない傾向があるのです。
新車を販売するノウハウには長けていても、売却はあまり詳しくないケースが目立ちます。
それで売却額が高くなるか否かは、総じて知識量に左右される一面があるのです。
やはり知識があまり多くなければ、無難な金額しか算出できませんから、どうしても買取額も下がる傾向があります。
またディーラー店は、取引している業者の数があまり多くない事もあります。
様々な業者と取引をしているお店ならば、総じて買取額も高くなりやすいのですが、ディーラー店はその数が少ない傾向があります。
ですから上記3つの手段の中では、買取額が一番低くなる傾向があります。

 

 

一括査定で売却に至るまでの大まかな流れ

それで上記3つの手段の中で、一番買取額が高くなりやすいのは、一括というシステムになります。どういう流れになるかというと、大抵のサイトでは次の通りなのです。
まず1段階目は、サイトに対して車の大まかな情報を伝える事になります。年式やメーカー名などを含めて、様々な車の情報をサイトに流す訳です。
そして第2段階では、複数の業者と連絡を取る事になります。基本的には出張査定で手続きが行われる事になるので、複数店と出張日時の約束を取る事になるのです。ただしサイトによっては、1社だけと査定の約束を取る事もあるので、するこそケースバイケースです。
第3段階は、様々な業者から査定額を伝えてもらう事になります。それら複数の業者の中から、自分にとって一番良さそうな所を1つ選んで、売却を行うという流れになるのです。
なお支払い方法は、選ぶお店によって異なってきます。その場で現金で支払われるお店もあれば、後日に銀行振り込みになるお店など、とても多彩です。

 

 

車が高く売却できる時期というのは実は決まっていた!

車を下取りしてもらったりするときには、やっぱり少しでもいいから高い値段で買ってもらいたいというのは皆さん思っているところであります。

 

車を高く売るというのには色々な要素がありますが、実は時期によっては車の値段というのは大きな差があるのはご存知ですか?
いつ売るといいといわれているのでしょうか? その点について紹介します。

 

一番知られているいい時期というのは2月から3月

やはり車を売るために一番いい時期の一つといわれているほど夕目名のは2月から3月のあたりに車を売るということです。
この時期に車を売るのがなぜいいのかというと、この時期は新社会人になったり、引っ越し、転勤などを行うことが多い時期であります。
そんな時期になると、車の買い替えや車を新しく欲しいという需要が高まりますので、車を少しでも欲しいという業者がいっぱいになります。

 

ちょうど年度が替わるぐらいの時期の3月から4月が買い替えに来る人が多くなるので、その前に車を集めるとなるとちょうどこの時期あたりが買い取りをしだす時期なのです。
普段はあまり大きな値段がつかないような車であっても、いい値段が付くようなケースが増えるというわけです。

 

 

8月や9月付近も値段が高くなりやすい

また、8月から9月という時期も、車の買取値段が上がりやすい時期の一つです。
この時期というのは、ちょうど夏のボーナスが入ってくる企業が多く、それを元手に車というのを買って行きたいという需要が高まります。
ちょうど夏のボーナス後となると9~10月あたりにちょうど買いに来る需要というのが訪れることになりますから、先ほどの話と同様ちょうど集める時期というのがこの時期なのです。
2月や3月あたりをのがしたというときには、この時期に売るのがおすすめです。

 

 

逆にこれら時期を逃したら?

これらの時期を逃したというときには、売らない方がいいことの方が多いです。
特にこれらの高くなる時期の直後というのはかなり値段が下がりますから、売ることはお勧めできません。
どうしても売らないといけない事情があったり、モデルチェンジで値段が下がるというようなことでもない限りは次の時期を待つのが賢明です。
年末も、年式が変わるので避けた方がいいでしょう。

 

いい時期に売っておくことで、少しでもお金を得るためには時期に関しては必須の知恵ですので、この時期に売ると高くなるということはぜひ覚えておくといいでしょう。

 

 

 

一括査定で売却金額が高くなりやすい理由

このような流れになる訳ですが、高額売却になりやすい理由としては、まずライバル感が挙げられます。

そもそも一括査定では、他社との金額の競争が行われる事になるのです。
他のお店と比べられるという意識が強く働きますから、買取店としても、他のお店よりは金額を高くするべきだと考える傾向があります。
ですから一番最初の段階で、高い査定額が伝えられる事もよくあるのです。
また一括査定には、車に詳しいお店が多数登録している傾向があります。
それで車の査定額は、上記でも少し触れましたが、専門知識に左右される一面があるのです。
お店が知識に詳しい訳ですから、必然的に査定額も高まりやすい傾向があります。

 

 

単独査定より一括査定が高くなる理由

それで残る1つの選択肢である単独査定ですが、一括査定とは違って、金額の比較が行われません。他のお店との競争が発生しづらい都合上、一括査定よりは金額が低くなる傾向があります。
また単独査定では、多少の当たり外れもあるのです。査定を受けたお店が、あまり車に詳しくない時などは、ちょっと査定額が下がる場合があります。

 

以上を考慮しますと、上記3つの選択肢を車売却の金額の高い順に並べると、一括査定、単独査定、下取りになる訳です。したがってできるだけ高く車を売りたい時などは、おおむね一括査定が推奨されます。

 

 

車買取では、交渉によって金額がアップする事がよくあります。基本的には他のお店による金額を提示するのが、一番のポイントになるでしょう。それに加えて自分の車の長所をアピールすると、更にアップする傾向があります。

 

交渉をして売却金額を上げる

そもそも交渉は、大いに成功する可能性はあるのです。

決して失敗するとは断言できませんから、やってみる価値は大いにあります。
例えばある車買取のお店から、査定額が40万円だと伝えられたとします。
その金額で満足をするのではなく、試しにお店と交渉してみるやり方もある訳です。
40万円では不満なので、50万円にしてください等と伝えてみると、実際に成功する事例はあります。
成功事例がある訳ですから、やってみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

他のお店に売却をすると伝えてみる

ただし交渉をするにしても、色々とポイントはあります。例えば他店の存在を匂わせる事です。
そもそも車買取のお店としては、他のお店の存在を気にしています。目の前にある車を、他のお店にあまり渡したくないと考えている事も多いのです。ライバル店に車を取られてしまいますと、色々と困るでしょう。
例えば上記の40万円台のお店で査定を受ける前に、どこかのお店で査定を受けていて、50万円台だと伝えられたとします。明らかに50万円の方が高い訳ですから、それを40万円台のお店に伝えてみると、交渉に成功する場合があります。

 

すぐに売る姿勢をアピール

また、直ちに売却をする姿勢も強調してみると良いでしょう。
そもそも車買取店としては、一刻も早く在庫を確保したいと考えています。ですから数日後に車を買い取るよりは、今すぐに買取たいと考えている事も多いのです。
このため車買取店に対して、「すぐ売ります」と伝えてみると、交渉の成功率が高まる傾向があります。

 

自分の車の長所を強調してみる

このように他のお店の話を伝えてみたり、すぐに売る姿勢が、主な交渉ポイントと言えるでしょう。それに加えて、自分の車の長所などもアピールしてみると良いです。
例えば他の車には無い珍しい要素を強調してみると、お店が車を高く評価して、思わぬ金額で売却できる事があります。現在保有している車種で、黒い色などは珍しい時などは、それをアピールしてみるのも一法です。

 

買取額を高くしたい時は、事前準備や複数見積もりが推奨されます。特に後者は、重要度が高いです。

 

臭い除去や売却相場のリサーチなどの準備をする

まず車の臭いは、できるだけ除いておく方が良いでしょう。

やはりタバコ臭などが付いている車ですと、どうしても査定で減点される傾向があります。
それと、車の買取相場もできるだけ調べておく方が良いのです。
やはり車の相場を知っている方が、買取金額が妥当かどうかも、確かに判断できる傾向があります。
このような事前準備を、まず欠かさない事が大切です。

 

複数のお店で査定を受ける方が良い

そして何よりも肝心なのは、やはり複数店で車の状態を確認してもらうべきです。

一般的に車売却では、あまり1つのお店だけで決めない方が良いと言われています。
それぞれのお店によって買取金額も異なる訳ですから、幾つかのお店で比較をしてみると、どこか高い業者が見つかる事もよくあるからです。
ただ1つ1つのお店に対して、車を持ち込んでいては時間がかかります。
いわゆる実店舗査定というよりは、やはり一括査定をフル活用する方が良いでしょう。
数ある手段の中でも、一括査定はとても効率が良いからです。
また一括査定では、お店同士のライバル感も生じる傾向がありますから、必然的に買取金額もアップされる傾向があるのです。
ですから高額売却を目指すならば、基本的には一括査定がおすすめと言えます。

更新履歴
このページの先頭へ